母から子へ「スマホ18の約束」1

子どもがスマートフォンを持つようになると、有害な情報にも触れる機会が増えてきます。

さらに、プライバシーを盾に取り、親にスマートフォンで何をしているのかを見せないということも当たり前になります。

子供たちは、かなりの割合でLINEを使っていますが、LINEの中でいじめや、悪口、仲間はずれなどが行われることもあります。

そのようなことを考えた場合、スマートフォンを無防備に与えてしまうと、その後、やっかいなことになる場合があります。

Women are using a smartphone

それでは、親から子どもへスマートフォンを与えるには、どうしたら良いでしょうか?

家族の中で、きちんとルールを決めるのが良いかと思います。

 

2012年のクリスマス、米ボストン近郊に住む13歳少年のグレゴリー・ホフマン君に『iPhone』をわたす際に母親が与えた“18の約束”

 

これは母親が子どもにクリスマスのプレゼントを与えた時に書かれたもので、とても素晴らしい内容が書かれていますので、ぜひ参考にしたいものです。

 

“1.これは私の携帯です。私が購入しました。あなたに貸すつもりです。私って素晴らしいでしょ?”

1. It is my phone. I bought it. I pay for it. I am loaning it to you. Aren’t I the greatest?

 

“2.パスワードはかならず私に報告してください。”

2. I will always know the password.

 

“3.もし鳴ったら必ず出ること。それは電話です。マナーを守って「もしもし」と言いなさい。発信者が「ママ」か「パパ」だったら絶対に無視しないで下さい。絶対に。”

3. If it rings, answer it. It is a phone. Say hello, use your manners. Do not ever ignore a phone call if the screen reads “Mom” or “Dad”. Not ever.

 

“4. 学校がある日は午後7:30にスマホを親のどちらかに渡しなさい。週末は午後9:00までに渡しなさい。携帯は次の朝の7:30まで電源オフにします。固定電話で、電話すべきではない時間に、メールや携帯電話で話すことはいけません。自分の感性を信じて、他の家族も尊重しなさい。”

4. Hand the phone to one of your parents promptly at 7:30pm every school night & every weekend night at 9:00pm. It will be shut off for the night and turned on again at 7:30am. If you would not make a call to someone’s land line, wherein their parents may answer first, then do not call or text. Listen to those instincts and respect other families like we would like to be respected.

 

続きはまた今度紹介いたします。